Home » 光熱費 » 電気自由化時代の到来!電力会社の選び方で出費が変わる

電気代
電力自由化は2016年4月1日に開始されます。具体的には法律の改正によって、家庭などに向けた電力小売りが全面自由化がはじまります。4月開始ですが、1月から先行予約ができるようになっています。

いままでの電気システム

いままでの電気の供給システムは、住んでいる地域によって北海道電力、東京電力、中部電力といった地域ごとの電力会社だけが販売していたので、電気をどの会社から買うかを家庭や商店といった消費する側からは選べませんでした。

電気供給にはいくつかの部門があり、発電部門、送配部門、小売部門の3つがそれにあたります。
・発電部門 水力、火力、原子力、太陽光、風力、地熱などの発電所を運営し、電気を作る部門です。
・送配部門 発電所から消費者までつながる送電線・配電線などの送配電ネットワークを管理する部門です。
・小売部門 消費者と直接取引をし、料金メニューの設定や契約手続などのサービスを行います。

発電部門はすでに参入可能ですが、送配電部門は安定供給を担う要のため電力小売全面自由化後も引き続き、政府が許可した企業である、各地域の電力会社(東京電力、関西電力など)が担当します。電気の特性上、電気の需要と供給は送配電ネットワーク全体で統一していないと、ネットワーク全体の電力供給が不安定になります。
そのため、小売部門の事業者が、契約している消費者が必要な分の電力を調達できなかった場合には、送配電部門の事業者がしっかり補い、消費者に電力が届くように調整します。
今回自由化が進むのは、小売部門の一般的な消費者向けの部分です。

電力自由化とは

前述のとおり、今回の電力自由化は一般消費者向けの部分の解放です。実は、電力自由化自体は2000年から既に始まっていました。

2000年の電力自由化は大規模なビルや工場に限定でスタートし、新規参入した電力会社から電力を購入することができました。その後、2004年、2005年、電力使用量が多くない一般家庭は対象外のままで徐々に拡大されていきました。
そしてついに、2016年4月に「全面自由化開始」となりました。

急に全面自由化が開始されたのは2011年の3月に起こった「東日本大震災」が大きなキッカケになりました。地震でライフラインにダメージを受け、二次災害的に福島原発で大規模な事故が起こったことで、電力不足に陥りました。
また、電力不足に伴って、電気料金が上がりはじめ、電力の供給システムや制度を見直す動きが強くなりました。電力自由化には、「市場解放」、「安定供給」、「消費者側の選択」といった目的があります。

市場解放

4月の電力自由化に向けて、様々な企業が参入を決めています。電力会社が子会社を設立する動きや、製紙メーカーやガス会社、石油会社、通信やサービス業などの多種多様な企業が、約751社(2015年9月)参入します。全面自由化によって解放される市場規模は、およそ7.5兆円にまでのぼるとまでいわれていて、国が目標としている、「電力会社間の価格競争を促す」という目的は十分に達成されると思われます。企業ごとのプランや料金設定によって、かなり激しい競争が行われるとみられています。

安定供給

電力自由化によってはたして安定供給は保証されているのか、ということが気になっている人も多いと思われます。電力自由化を既に開始している外国では、大規模な停電が起きたこともあります。

そういった状況に対応するために、日本では2015年4月より電力広域的運営推進機関が発足していますこの機関は、地域を超えて効率的に電力の需給管理を行い、安定的な電力受給管理体制を構築しています。すべての電力会社は電力広域的運営推進機関に加入することが法律により義務づけられており、機関によって需給調整業務を指示し、安定供給を実現します。
そのため、安定供給に関しては綿密に安全性の高い体制が構築されているといえます。

消費者側<の選択/h3>
これまでは地域ごとで電力が決定していましたが、これからは電力を消費する側である消費者が「自分に合った会社を選ぶ」かたちになります。
・昼間は電気をすごく使けど、反対に夜間はほとんど使わない
・曜日ごとに料金を細かく設定したい
・風力発電や太陽光発電のような環境にやさしい電気が使いたい
こういった要望も従来の制度では叶えることが難しいものでしたが、電力自由化によって細かい要望に対応した料金メニューが提供されることになります。

自分に合ったものがなかなか見つからないという場合には、まず「スマートメーター」を導入してみてはどうでしょうか。スマートメーターはデジタル式の電力計で、設置することにより、自分がいつ、どれくらい電気を使用しているのかが視覚的に分かるようになります。そのため、自分にあった料金プランや電力会社をかなりみつけやすくなるといえます。
自由化によって、今までよりも節電、節約しやすくなったので、自分にあったものをしっかりみつけましょう。

電気料金は?

電力自由化で気になるポイントは、やはり電気料金のことになると思います。電力自由化が先行して行われている諸外国では、そこまで電気料金が下がっているとは感じないという意見が多いようです。実は、今までの電気料金は「総括原価方式」という、かかったコストを積み重ねて値段を決めていました。
そのため、今までの電気料金はどうしても高コストになっていました。今回の自由化によって、プランによっては1~5%程度の値下げが期待できます。
さらに、様々な追加のサービスを受けることができます。

しかし、自分にあっていないプランや利用料によっては以前よりも高額になってしまうこともあります。スマートメーターで電気の使用量を計測してみたり、企業ごとのプランを細かくチェックしましょう。

各社のサービス

段階的に行ってきた電力自由化が、ついに一般家庭に向けてスタートするとあって、様々な業種の企業が参入しています。

通信系

今回の電力自由化で注目を集めているのが通信系の参入です。通信会社は全国に電力会社よりも多くの営業拠点をもち、各社ごとの販売網やノウハウがあります。
そのため、電力会社が手の届かなかった、より細やかなサービスを行えるようになります。また、各社が行っているスマートフォンの料金の割引やポイントなどのサービス面の拡充によって、競争が激化するとみられています。

電力系

電力会社も通信会社やIT企業の異業種などとの連携や価格競争によって、様々な変化が現れると思います。セット割引やキャンペーンなど、今まで以上に注目する必要があります。
また、電力会社が子会社を設立し、親会社の地域以外の地域で電気の小売をするという動きもみられています。
電力会社間の競争もかなり激化するようです。

おわりに

電気は私たちにとってなくてはならない存在です。自由化によって、自分にあった料金メニューを選ぶことで、今まで以上に節電、節約ができるようになります。
4月の開始に備えて、今から料金プランなどを検討してみましょう。

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena