Home » その他生活費 » 節約するなら食費から!毎日の食費を節約する方法

食費の節約
生活費を削る鉄板と言えば、「食費」です。ただ実際には、どのようにしたら食費が節約できるのか分からないといった声が多く聞かれます。食費は毎日かかるものだからこそ、少し気をつけるだけで大きな節約効果が見られます。そこで、このページにてどのようにしたら食費を節約することができるのか、実用的な方法も合わせて見ていくこととします。

1人当たりの食費は約32,000円

節約する以前に、そもそも毎月の食費代を知らなければなりません。なぜなら、これを知らない限り、いくら食費を節約しようとしても、何をどう節約すればいいかわからないからです。

そこでこの食費代に関して調べてみると、総務省が1人当たりの平均食費は「約32,000円」と報告しています。こうした食費は、人によってまちまちですが、この総務省のデータを見る限りでは大幅に節約できる見込みがあります。

そこで、この食費の内訳について見ていきます。

1.自炊費用

まず食費の内訳として、自炊費用が挙げられます。この自炊とは、スーパーや八百屋等から食材を買ってきて、ご自宅で調理した料理を食す方法のことです。使う食材などによっては非常に安く済ませられる特徴があります。

2.中食費用

続いては中食費用です。中食という言葉を聞いたことがない人もいるかと思いますが、これは自炊と外食の中間の意味を表しています。つまり、スーパーやコンビニでお惣菜やお弁当を購入して、ご自宅で食べる方法のことを言います。簡単に食べられるため、毎日中食を利用してしまい食費がかさばることがあります。

外食費用

最後に外食です。これはすぐにイメージがつくと思います。例えば、レストランに行ったり、居酒屋に行ったりしたときにかかる費用のことを指します。他の2つに比べると、1食あたりの費用が1,000円〜3,000円程度となり、食費を圧迫することにつながります。

自炊費用を節約するための3つの方法

それでは、まず自炊費用を節約するための方法について見ていきます。自炊費用は、他の食事方法よりも比較的に安いことが特徴ですが、それでも努力次第でより節約できる可能性があります。

1.スーパーや八百屋の特売日を利用する

まず当たり前ですが、自炊費用を節約するには安いものを買うに限ります。特にスーパーのセール日や特売日を狙うのがいいでしょう。スーパーによっては曜日ごとに特売になる食材が変わるため、安い日を事前に確認しておくことがおすすめです。

2.まとめ買いをする

自炊費用を節約するための2つ目の方法が「まとめ買いをする」ことです。毎日スーパーなどに行ってしまうと、いらないものまで購入してしまいがちになります。1週間に1度だけ行く日を決めることで食費のコントロールができ、節約しやすくなります。

食材を腐らせない

自炊をするうえで最も避けたいことが「食材を腐らせる」ことでしょう。食材を腐らせると、せっかく自炊をしていてもそのままゴミにしてしまっているのと変わりありません。そのため、購入してきたらサランラップなどに小分けしたり、冷凍したりするなどして、腐らせないようにする必要があります。

中食費用を節約するための2つの方法

続いては中食費用を節約するための方法です。基本的な考え方は、自炊と同じでなるべく安いものを買うようにすることになります。そこで中食費用を節約するための方法を2つ見ていきます。

1.割引商品を狙う

まずは「割引商品を狙う」方法です。スーパーなどでは賞味期限が近い商品を割引していることが多くあります。特に、深夜の時間帯などで割引を行っていることが多いため、こうしたお弁当やお惣菜を狙うようにします。

また、お弁当屋さんではお昼限定のタイムセールをやっていることもあります。そのため、通常価格よりも安く買えるように割引商品を狙うことがおすすめです。

2.安いお弁当屋さん・お惣菜屋さんを見つける

そして中食費用を節約するための方法2つ目は「安いお弁当屋さん・お惣菜屋さんを見つける」ものです。これは1つ目と違い、そもそもとして値段が安いお店を探しておくものです。

なかなかチェーン店のお店では見られませんが、地元のお惣菜屋さんや個人経営のお弁当屋さんだと安く買えることが多いため、事前に探しておくといいでしょう。

外食費用を節約するための2つの方法

自炊や中食に比べると外食費用は高くつくことが多いため、節約するうえでは基本的に避けるべきです。ただし、どうしても外食したいときには、次のような方法を使うことで安く外食を済ませることができるようになります。

1.お店のクーポンサービスを利用する

まずは「お店独自のクーポンサービスを利用する」方法です。こうしたクーポンサービスは、例えばフリーペーパーやスマホアプリなどで利用することができます。その結果、食費代から「10%OFF」や「ドリンク無料」などを使えるため、お店のクーポンサービスを使うのがおすすめです。

2.サービスタイムを使って節約する

お店によっては「サービスタイムを実施している」場所もあります。例えばランチタイム限定での割引や、曜日ごとのサービスなどです。こうしたサービスタイムを使うことによって、通常より安く外食を済ませられるため、外食する前には実施しているお店を確認しておくといいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?自炊費用、中食費用、外食費用と、食費の使われ方から見て、それぞれの節約方法について触れてきました。こうしたちょっとしたことを意識することで、食費は大幅に削減することができます。そのため、ご自身の食費の使われ方を今一度確認し、節約方法を取り入れてみるといいでしょう。

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena