Home » 節約の仕方 » ポイントカードでがっぽり!上手なポイントカードの使い方

ポイントカード

さまざまなお店のポイントカードやクレジットカードなどのポイント、あまり気にかけていない方もいらっしゃるかもしれませんが、上手に貯めて活用すれば、大きく得することができます。上手にポイントカードを使うには、効率の良いポイントの貯め方や、ポイントカードの特徴、自分に合ったポイントカードの選び方などを知ることが重要です。ポイントカードの上手な活用術についてまとめてみました。

お財布の中を整理して、無駄なポイントカードは処分しよう

最近は、店舗ごとにオリジナルのポイントカードも多いため、「お財布の中がポイントカードでいっぱい」という方も多いのではないでしょうか。ポイントカードを上手に活用するためには、まずそうしたカードの整理からはじめましょう。
ポイントカードはたくさん持てば良いというものではありません。無駄なカードを持っていては、逆に貯める効率が悪くなってしまうこともあります。利用頻度の低いもの、有効期限があり、期限内にポイントが貯まりそうにないものは捨ててしまいましょう。また、中には提携している別のポイントに移行できるものもあります。
ついでにこの時、お財布の中のレシートなども整理してしまいましょう。お財布の中がしっかりと整理・掃除されていると、使い心地も良くなり、また金運も上がると言われています。

自分がよく使うカードを見極めよう

次に、自分が比較的よく使うカードがどれかを考え、そのお店で買い物するように意識しましょう。例えばドラッグストアが近所に2軒あり両方のポイントカードを持っているなら、どちらかに絞って買い物する方が、当然ポイントも貯まりやすくなります。
ドラッグストアやスーパーマーケットなどは、つい仕事の帰りなどにいつもと違うお店に寄ってしまうこともあるかと思います。ポイントカードのことを意識して、できるだけ同じ店で買い物するように習慣付けるとよいでしょう。
また映画ファンの方なら特定の映画館のポイントカード、自動車をよく利用する方なら特定のガソリンスタンド会社のポイントカードという風に、自分の趣味や生活に合ったよく使うカードも見極めておきましょう。

「共通ポイントカード」でお得に貯める

ポイントカードの中でも、特にお得に貯めることができるのが「共通ポイントカード」です。1つのお店だけでなく、コンビニエンスストア、飲食店、アパレル、ホテルなどさまざまなところでポイントが付くカードです。こちらを上手に活用することが、ポイントカードで得をする最大のカギです。
共通ポイントカードの多くは会費無料で簡単に作ることができるため、最近では多くの方がお持ちだと思います。しかし一方で、レジで「○○カードをお持ちでしょうか?」と聞かれても、あまり意識せずに出している方も多いのではないでしょうか。
共通ポイントカードをお持ちの方は、ぜひ一度公式のインターネットサイトなどで、そのカードのポイントが付くお店の一覧などを調べてみてください。最近ではポイントが付くお店もかなり多岐にわたっているため、それを見ると「コンビニは○○を使った方がお得なのか」、「あのコーヒーショップや飲食店でもポイントが付くのか」などが分かると思います。「今後は絶対ポイントが付くところを利用しよう!」とかたくなに考えることはありませんが、「〜〜で使える」と少し意識しておくだけでも、ポイントは貯まりやすくなりますし、ポイントを貯めるのが楽しくなります。
共通ポイントカードの場合、ポイントで買い物できる「ポイントモール」などのサイトがあるため、そちらも定期的にのぞいてみましょう。買い物をしなくても、モール経由で各種申込みなどをおこなうともらえるポイントなどもあります。
また、中には買い物以外にも、アプリダウンロードやアンケート回答などでポイントが貯まる場合もあります。そういった機会も逃さずにポイントを貯めていきましょう。

電子マネー機能付きポイントカードやクレジットカードも活用しよう

さらに効率的にポイントを貯めたい場合は、電子マネー機能付きポイントカードがおすすめです。現金での買い物でポイントカードを別途提示する場合に比べ、電子マネー機能付きポイントカードで買い物した場合は、さらにポイントが加算されるものもあります。電子マネーを使う習慣がある方は、こうした方法も利用しましょう。
また、クレジットカードは買い物の金額が大きい場合が多いため、ポイントが貯まりやすいカードです。毎月の公共料金などもクレジットカードで支払うようにする、電子マネーのチャージはクレジットカードでおこなう、などすればより多くのポイントを貯めることができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。最後に、ポイントカードを活用する際の注意点を挙げておきます。ポイントを貯めたくても、そのために余計な買い物はしないこと、これが最も重要です。「ちょっと意識したら、知らない間にたくさんポイントが貯まった!」くらいを目標にしてみてください。
貯まったポイントは、商品やサービスの購入に使える他、最近では電子マネーのチャージや通信料などに利用できる場合もあります。上手にポイントを貯めて、節約効果を高めましょう。

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena